金曜日、午前中に稽古にいくつもりで支度していたが

同期入社の人が退職するとのことで
同期だから何か話しやすいのではないか?LINEしてみてと言われ、一晩内容を考えてLINEしてみる

何か訳あってひっそりと辞めていくそうなので

あんまり立ち入ったことが書けなくて
言葉選びに苦労した

とにかく彼女が一緒だったのは心強かった
係が違って、帰る時間も違って
あまり話す時間も無かったけれど
同期がいるってことは、本当に心強い

だからとても寂しい

でも何かとてもつらい様子なので、体を大事にしてね

と、

書きながらうるうるしてしまった。


もしかしたら読んでもらえないかもと心配したが、割と早く返事が来た

仕事は中途半端になってしまって、申し訳ない
子供が苦しんでいるのに気がつかず仕事していた自分が情けない
今からでもきちんと子供に向き合うために仕事は辞めようと思った

とのこと。


一人で追い詰められてしまいそうで
とても心配


と、やりとりしていたら稽古に遅刻してしまい


それでも汗流して稽古できて良かった。


私も子供の事で悩んで、私が仕事して子供とちゃんと向き合っていなかったから子供が荒れたのでは?

と、自分でどんどん追い詰められたことがあった。
仕事辞めていたこともあった。

だから、仕事を辞めることを負い目に思うことも無いし、一人で背負い込むのも良くないと思う。

と返事したら


naoさんにもそう言うことがあったんですね?
乗り越えたんですね?
自分だけかと孤独感を感じていた
先が見えないから、励みになりました

とすぐ返事がきた


私は乗り越えたんだろうか?
どうしたんだっけ?

それがずーっと頭から離れなくて


稽古していたときに

ああ、私は稽古して
婦人部の人達にどうしても一人でかかえきれないことはいつも聞いてもらって
自分の気持ちを整理していたのだと

思い出した


あんまり誰でもかれでも話せる事では無いことを
婦人部の人には話せた
大きく受け止めてもらえるのでとても気持ちが楽だった

有難い

彼女にはそう言う仲間がいるかな。
一人で苦しんでいないといいな。

そう思って稽古終えたら
先生が初物のスイカをご馳走してくれました

とっても甘くて爽やかなおいしさでした

ありがとうございましたIMG_20180511_164725_476