曲がり角の先には・・・

間もなく五十路 夫と息子ふたりの4人家族 日々あれこれ思いながら何とかやってます

血小板増多症

血液内科

2ヶ月に一度の診察で
4月から担当の先生が替わるのでちょっと不安

が、とにかくまたされた
予約は14時
呼ばれたのは16時半

待ちくたびれたよ!!


何だか一方的にわーっと話されて
はい、おしまい。
って感じで
ちょっと不快。

血小板は51万で変わらず。

次は2か月後。


今日午前中近所のうちの職場の別の支店に行きましたが
image


スローな営業です


みんなの「いらっしゃいませ❗」につい反応して山彦挨拶してしまいそうになりました(笑)

血液内科

血液内科の定期診察

image


今日は待たされました…

血小板は前月と変わらず


51万ちょっと。


なんだか、くたびれちゃった。

彼女の分も

血液内科の診察
今日の採血の人はとても上手でひとつも痛くなかった!!
ありがとぉ

血液検査の間に病院のカフェテリアでお昼ご飯

image


かき揚げ蕎麦

かき揚げはレンジでチンかな?
サクサクじゃなかった(笑)
でもおいしかったです。

割り箸が短い物だったのに、残念な程にうまく割れず
親指のつけねにささくれだった割り箸が当たって痛かったわ(>_<)


診察は3か月ぶりに主治医が戻ってきていて
ちょっと安心
代理の先生もとても良くお話聞いてくださったし、不安な訳ではないけれど
やっぱり主治医の先生が安心する。

PLTは前回より下がって44万
貧血傾向が前回より進んでいるけれどまだ薬を飲まないといけないほどではない、
ハイドレアの影響もあるかもしれないが、ハイドレアを減らせば血小板は増えてしまう

食事でちょっと工夫して様子をみましょうとのこと


先月亡くなった友人の話になり

先生がお手伝いで行った先の病院で彼女の担当医で
さい帯血からの骨髄移植をする時に感染症にやられてしまいあっという間に…ということでした。

去年の4月の診察で病院行ったら先に来ていた彼女は真っ白な顔で立つこともできずに車椅子でグッタリしていた。

主治医が急いで本院に入院させてそこから壮絶な治療と闘っていた

でもいつもいつも明るくて、がんばり屋で

最後まで気丈に振る舞っていた



先生から
naoさんは彼女の分もがんばってしっかり生き抜かないとね(o^-')b

と、お声かけいただき
ああ、そうだよなぁと背筋がピンと伸びる気がしました。




ショック

血液内科で同じ先生に診てもらっていたKママ

先月入院先の病院から
抗がん剤治療1週間して、翌日にさい帯血移植するとメールくれて

今度こそ!!
って、
がんばるって言っていたのに


昨夜亡くなったと連絡をもらいました。


まだまだたくさん子供の試合を追っかけて
たくさん応援したかっただろうに。


本当に本当に残念。


どうぞ安らかに。

忙しい

今週職場はとても忙しくて
みんなピリピリ
ヒリヒリモード

インフルエンザや休暇で人が少なくて
お昼の交代時間は体が3つくらい欲しいと思うほど

胃のレントゲンの結果は逆流はあるけれど、特に潰瘍やポリープ、癌は見当たらないので胃酸を抑える薬を飲むことに。

実際喉の不快感もほとんど無くなったし
ちょっと食べ過ぎると胃が重い感じはまだあるので、注意しよう

火曜日は血液内科の診察もありました
PLTは51万
白血球や赤血球も正常値
コレステロールが年末に倍増していたけれど、今回は正常値に戻っていたので問題なし

フェリチンが少し少な目なので、食事で鉄分を摂るように心がける程度で良いとのこと

めまいと胃、お薬手帳を先生に見せて報告

肋骨の辺りが時々キリキリ痛くなるのは、脾臓が多少腫れているために肋骨付近が突っ張るのと、便秘していたりすると痛むことがある

しばらく様子をみるので、特に心配しなくてもいいらしい。


病院のはしごしてましたよ。(笑)

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計: